*

家を建てる

優先すべきものは何か、じっくり考えよう

注文住宅とは、一体何でしょうか?家の知識をあまり揃えてない方からすると聞きなれない言葉かもしれませんね。注文住宅は、建築主が決められた時に、建築主の希望で建築士や施工業者が設計・施工して建てた住宅のことです。つまり、建売住宅と違い、建築主が自由に決めることのできる箇所が多いのが注文住宅です。

注文住宅ではかなりの費用がかかってしまうのではないのでは?と心配になる方もいらっしゃるでしょうが、最近では格安で注文住宅を建てられるハウスメーカーも増えています。まずはメーカーさんにご相談して予算内に収められるプランを考えていただくのも良いと思います。

今回その際にもし参考になれば良いな、と思う点を、わずか2年ですがハウスメーカーに勤めて営業・コーディネーター・設計を経験した私の知識からご紹介したいと思います。

予算を決める時、優先順位を考えましょう。例えば土地、家の作り、間取り、エコなど、その家に住む時にこれだけはあってほしい、というものがあればその要望を真っ先に営業の方にお伝えすべきです。

できるだけ土地を安くして建物にお金を掛けたいという方でしたら、安い土地に住む場合のデメリットも考えておくべきです。土地によっては安い分、他に必要なものをお金を出して補わないといけなくなり、結局費用がかかってしまった、なんてことになってしまっては元も子もありません。

初期投資がかかっても太陽光をつけたい、という方がいらっしゃったら、10年後20年後に太陽光パネルやパワコンのメンテナンスに掛かる費用はどのくらいになるのか、を頭に入れておくべきでしょう。万が一太陽光での収入が思ったより少なかった、という場合でも対処できるかどうか、は考えておくべきです。

他にも、住宅に関して、モデルハウスを見て魅力的に感じても即決せず、自分の生活リズムにこの間取りは合わせられるのか、もう少し違う間取りの方が良いのか、なども考えるべきです。

頭の痛くなるような話ですが、自分が普段どのように生活しているのか、を考えることで生活のしやすさも考えられるのではないでしょうか。

それをご家族で話し合い、その結果これを優先したい、というものを順位付けすればトラブルがあった場合も冷静に対処できるでしょう。

完成後に悔いを残さないよう、私たち建築主もメーカーさんに負けないくらいの勉強をして、良い注文住宅を建てましょう。

東京組の口コミと評判、体験談