*

2015年11月

ベストな人の探し方

息子が家出!?どう捜すのがベスト?

なんてのを見つけました。

 

人の探し方なんて考えた事が無かったですが、

自分だったらどうするだろうと思ってしまいました。

 

知り合いに聞くなんてのを想像したりしますが、

それ以上となると難しそうです。

 

そうなるとやはり頼りになるのは専門的な所でしょうか。

 

すぐに浮かんだのが探偵事務所みたいなところですが、

そういうところなら、

いろいろとノウハウを持っていて

調べてもらう事が出来るのかなと思いました。

 

参照:free-pictograms.com/material/317.jpg


セコイごまかしはダメよ

これは昨晩の話。 

 

たまにはわきがで悩む息子の為に甘いものを喰らおうと、通りがかりの西友阿佐ヶ谷店に。 

 

時間が遅いと言うこともあり、クリスマスケーキのホールを半額で売っていた。 

 

どのみち喰らうのは翌日からだから、シメシメとかごに入れてレジへ。 

 

ところが、暗算て見積もった金額よりも大分高い。 

 

確認すると、半額シールの貼ってあるケーキを値引き前の価格で計算している。 

 

その場でクレームを付け、やり直しをさせたので実害はなかったが、他の半額ケーキ購入者は、多分誤魔化されている。 

半額シールは上面に貼ってあるから、見落とすことは有り得ない。 

 

 

時間的に、目の前のバス停から出るバスも、最終バス発車時間が迫っていただけに、これは確信犯と確信している。 

 

そう言えば、荻窪店ではデカデカと980円と掲げていながら、実は1280円なんて言うのを見たことがある。 

 

どうやら、こう言ったセコい“詐欺”が、“ウォルマート流”と言うことらしい。 

 

 

と言うわけで、急いでいようがいまいが、買い物の数量と価格とが、レジ通過前とレシートとで合致しているか、 

数量や商品の状態がおかしくなっていないか、 

このグループの店舗で買い物をするときは厳重に精査しなければならないようだ。 

さしあたり、重量は確認していないが、こんなことをやっているようだったら、量目も誤魔化しているやもしれない。 

そのうち、秤を持参しなければならないかもしれないと危惧している。 

 

 

ま、こんなセコいごまかしをやっているから、公表できないような業績になっているのも当然かもしれない。